文化財保存活用計画株式会社

歴史的建造物は古来からの知恵の結晶です。継続的な維持管理をしながら活用していくことで、文化財的な価値を高める保存を目指します。

最新のお知らせ(2021/5/18更新)

《町並み活用センター東金よりお知らせ》

5月2日(日) 八鶴亭(旧八鶴館)の清掃、5月9日(日) 八鶴亭(旧八鶴館)の見学会を開催いたしました。
みなさんのご参加、ご協力ありがとうございました。

《町並み活用センターよりお知らせ》

「町並み活用センター野田」、「町並み活用センター谷中」のページができました。

センター詳細・活動状況はこちら

当社の想い

↑群馬県 重要文化財 貫前神社本殿保存修理
(設計監理業務・榮山が文建協勤務時に携わる)

何世紀もの間、風雪に耐えながら、その都度、技法や構造に改良を加え成長をしてきました。
そんな先人達の「技」を受け継いでいくことは技術者として当然のことと考えております。

↑千葉県 重要文化財 西願寺保存修理
(設計監理業務・榮山が文建協勤務時に携わる)

先人達の意図を理解した上で、美しい建物を維持し、「次の世代へと繋げること」。その為には、破損箇所を復元する際に、建物本来の意匠を解明しながらも、仕口・継手を尊重しつつ、極力既存の材料を再利用することを大前提としています。

↑千葉県 史跡 官谷県庁跡本国寺本堂保存修理
(設計監理業務・榮山が文建協勤務時に携わる)

現代において、古来の建物を残すことは容易な事ではありません。
だからこそ、私たちは『残す』を前提とし、その建物本来の美しさを保ったまま後世へ伝えることを日々、志しております。

TOP